YAH! cyberstudio(ヤー サイバースタジオ)

ANYTHING GOES:好きなものと自分のこと、気ままにつらつらと、つらつらと。

The Who

maximum。大好きな言葉です。辞書で引いてみると「最大。最大限。極限。数学で、極大。極大値。」となっていますが、なぜ好きなのかといえば「MAXIMUM R & B」という言葉とともに紹介されていたイギリスのバンド、The Whoのせいだったりします。
音楽は圧倒的な何かを持っていなければならない。というのはボクの勝手な感覚ですが、好きになった音楽には必ず、そういった感覚があって、極大という言葉はまさしくこのバンドの音楽を表していると思うのです。

お尻フリフリ、プロペラのように腕を振り回す長身のギタリスト。
シンバルの音がやまない、あまりにも叩き過ぎなドラム。
直立不動の姿勢でいながらも、指と音色がやかましいベース。
そして、マイクを振り回す、とにかく暑苦しいボーカリスト。
演奏の最後は、ギターにアンプ、ドラムセットを壊す暴力的なパフォーマンス。
日本ではいわゆるロック好きじゃないと知らないと思いますが、同世代のビートルズやローリング・ストーンズとはまったく違うベクトルのバンドです。

前述のパフォーマンスとモータウンの影響を受けた楽曲で、モッズ・カルチャーを代表すると言われるところから始まり、徐々にクラシック的な要素を取り込んだ結果、アルバム「TOMMY」でロック・オペラというスタイルを確立。「ウッドストック」や「ワイト島フェスティバル」では伝説的なライブパフォーマンスで高い存在感を見せつけ、ポール・ウェラーを始め、以後のミュージシャンに大きな影響を残しています。

キース・ムーンによる全編シンバル+フィルインなドラムと、ジョン・エントウイッスルによるリードギター顔負けのベースが奏でる、圧倒的なまでの音圧とリズムの波。そこに、ピート・タウンゼントの多彩なコードワークが美しい世界を描く…。高い技術に裏付けされた、3ピースであることを感じさせない演奏。加えて、抜群のコーラスと、ロジャー・ダルトリーだからこそのハスキーなボーカルも魅力。

音楽的な技術・発想以上に、この4人だからこそ実現できた音楽がそこにあるという事実。この事実に驚嘆できるバンドだったりします。

キースはアルコール依存症にオーバードース、ジョンはコカイン摂取して、娼婦とコトにおよび、途中で心臓発作。という何ともな死に方をしていますが、そんなことはどうでもよいのです。

あえて、オススメをあげるとすれば、右写真がジャケットに使われている「Sell Out」なんですが、最も印象的なのは「I can't explain」という曲の一番最初の音。あのEのコードを超えるものは、いまだ、この世に存在しないのです。未体験の方は、一度お試しのほど。

INDEX
Eddie Bauer
2012.10.4

洋服。おそらく20代後半から今に至るまで、最も興味が持てないものがコレだったりします。そうはいっても、ファッションなるもの…続きを読む

The Who
2012.5.9

maximum。大好きな言葉です。辞書で引いてみると「最大。最大限。極限。数学で、極大。極大値。」となっていますが、なぜ好きなの…続きを読む

WOOD YOU LIKE COMPANY
2012.3.5

2012年の誕生日の前日、引っ越しをしました。今回は念願のというわけでもないのですが、家を買うことになりました。賃貸家賃と同…続きを読む

大橋 ツヨシ 氏
2012.1.10

ボクにとってマンガは一番の暇つぶしです。とはいっても読むだけです。書いたりしませんし、コミケとかにも行ったことはないです…続きを読む

Apple Macintosh
2011.11.4

大学のゼミの研究室にあった、モニターと小さなスリット以外は特徴のない小さな白い箱。18年前に出会ったMacintosh Classic IIは…続きを読む

機動戦士ガンダム
2011.10.26

まぁ、ガンダムです。好きなんです。別個にデジタルジオラマやってるくらいですからね。ボクにとって一番息の長い娯楽はおそらく…続きを読む

お総菜 RF1 / 融合・焼き鳥 日本一
2011.10.17

2010年8月中旬猛暑。どうにも調子が悪くて病院に行き、しばらくぶりの健康診断を受けたところ、「生活習慣病に片足突っ込んでます…続きを読む

沖縄・離島
2011.10.5

横浜育ちのボクですが、15歳から22歳までの7年間、海に行ったこともなければ、水泳もまともにしたことがありません。最も海遊びを…続きを読む

Fender Precision Bass
2011.8.18

20代の終わりまで夢中になっていたことがバンドでした。バンドブームまっただ中に体育会系で10代を過ごしていたボクは、あこがれ…続きを読む

  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • Google+
  • お問い合わせフォーム
利用規約Copyright © 2003-2016 All Rights Reserved. YAH!-cyberstudio